平凡な人生を送っていた大吉が副業で毎月30万円以上稼げるようになったせどり術を公開します!

大口出品と小口出品の違い

Amazon仕組み

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

 

こんにちは!大吉です。

 

 

最近、ライン@ の友達追加をしてくださる方の中で、せどり未経験の方が多いなと感じます。

 

 

その方達から「Amazonで始めたいけど、どうしたら良いかさっぱり分からない」と聞かれるので、今回はAmazonで販売を始める際の出品プランについてご説明します。

 

 

Amazonでは登録時に2つの出品プランから選ぶことができ、そのどちらかのプランを必ず契約しなければなりません。

 

 

それは【 大口出品 】と【 小口出品 】です。

 

 

名称だけ見ると初心者なら小口出品で良さそうだなと思われるかもしれませんが、初心者の方でも大口出品からスタートされる方も多いです。

 

 

大口出品・小口出品ともにメリットデメリットがありますので、それぞれの内容をしっかりと把握し、自分にはどちらのプランが適しているのか?

 

 

今回はこれを判断していただきたいと思います。

 

 

 

そもそもなぜ私がAmazonの話ばかりをしているのかは以前の記事をご覧ください(^^)

なぜAmazonがせどらーに選ばれるのか
私たちせどらーにとってどこのECサイトで販売をするのかということは最も重要です。ほとんどのせどらーは大手のECサイトで販売していて自分のHPで販売をしている人は…

 

 

 

【 違いその1:月々の費用 】

 

 

月々の費用といっても、単に月間登録料だけではなく、プランによっては基本成約料というものも発生します。

そのため両方を踏まえた上でどちらの出品プランの費用が自分に適しているかを考えてみてください!

 

 

まず月間登録料はこのようになっています。

大口出品:毎月4,900円(税抜)

小口出品:無料

※登録料はAmazonに登録した日に発生する仕組みになっています。

 

 

この数字だけ見ると小口出品の方が毎月の費用は安いように感じますが、

実際小口出品はひと月に販売する商品の数によって毎月の費用が変わってきます。

 

 

それがどういうことかというと、

大口出品は月間登録料4,900円(税抜)を一度払ってしまえば1ヵ月間はそれ以外に発生するお金はありませんが、小口出品の場合、月間登録料はかからなくても商品を販売するたびに基本成約料が発生する仕組みになっているということです。

 

 

その基本成約料はこのようになっています。

大口出品:無料

小口出品:1注文ごとに100円

 

 

金額だけ見ればそんなに高額ではありませんが、もしあなたが1ヵ月49個以上商品を販売されるような方だと、それは間違いなく大口出品の方が毎月の費用が安く済む、得だということです。

 

 

それが例え100個販売しても、1,000個販売したとしても同じです。

 

 

ただ、そんなにガツガツ販売しようと考えていなく、毎月10個20個くらいの販売だと考えている方には小口出品の方が毎月の費用は抑えることができますね。

 

 

まずは、自分がどのくらい販売していこうと考えているかが、この大口出品と小口出品を判断する一つのポイントになっています。

 

 

 

【 違いその2:カートボックスの獲得 】

 

 

ここはAmazonで販売をしていく上で重要な部分になってきます。

 

 

カートボックスというのはみなさんもAmazonの販売サイトで一度は目にしておられると思いますが、この部分のことを指します。

普段は何気なしに見ていると思いますが、実際みなさんが購入されるときはここから買われている方もおられますよね。

 

 

実はここ、誰でも表示されるのではなく大口出品と小口出品で違いがあります。

大口出品:表示権限有り

小口出品:表示権限無し

 

 

小口出品だとこの部分に自分が販売している商品が表示されることが無いため、かなり販売機会を逃してしまうことになります。

 

 

ただ、上の画像のオレンジ色で囲っている部分がありますが、こちらを押すと現在出品されているすべての出品者が表示されるので、ここまで開いてもらうことが出来れば購入してもらえる可能性が出てきます。

 

 

ですが、正直なところ消費者はそこまで細かく見ていないのが現状なので、カートボックスに表示されない限り販売チャンスはほんとに少ないと思ってください。

 

 

これは購入者側には関係のないことですが、出品者側は自分から買ってもらわなければ意味がありません。

 

 

販売をどんどんしていくためにはこのカートボックスを獲得する必要があるというわけです。

 

 

※ただ、これはあくまでも新品で出品している人に限っての話ですから、中古品を取り扱っている人にはこのカートボックスは関係ありません(^^)

 

 

新品せどりを検討している人は大口出品は登録必須ですよ!!

 

 

 

【 違いその3:カテゴリー制限 】

 

 

実はAmazonで出品できる商品は大口出品と小口出品でカテゴリの幅に違いがあります。

 

 

ただ、大口出品だから全ての商品を販売できるかと言うとそれは間違いです。

 

 

私も未だ出品規制がかかっている商品というのはたくさんあります。

 

 

それでも小口出品の方と比べると出品できる範囲は私の方が広いですね!

 

 

どんな商品カテゴリが大口出品と小口出品で違うかと言うと、

時計/ヘルス&ビューティー/アパレル、シューズ、バッグ/コスメ/ジュエリー/食品&飲料/ペット用品

などです。

 

 

ただ、この商品は申請の許可を取ってからではないと販売することは出来ません。

 

 

ですが、その申請自体が大口出品と小口出品で異なるというわけです。

大口出品:出品許可申請できる

小口出品:出品許可申請できない(販売不可)

 

 

もし、自分の得意なジャンル(例えばコスメ)で攻めようとしていたのであれば、それは間違いなく大口出品で始めなければなりませんね。

 

 

私は今までこのようなジャンルの商品を販売することはほとんどありませんでしたが、幅広い商品を取り扱えるのは大事なことです。

 

 

攻める手段はたくさんあった方がいいですからね(^^)

 

 

【 違いその4:オリジナル商品の販売】

 

 

ここは正直私は重要視していない(中古せどりだから)ですが、新品せどりをしようと考えておられる方は参考にしてください。

 

 

もしAmazonで価格競争に競争に巻き込まれずに大きな利益を出していきたいと考えていらっしゃる方がいれば、それは自身のオリジナル商品を開発して出品することが必要となるでしょう。

 

 

まだ誰も登録していないOEM(オリジナル)商品を販売するためにも、大口登録は必須となります。

ここに大口出品と小口出品の違いがあります。

大口出品:OEM商品の登録できる

小口出品:OEM商品の登録できない

 

 

商品の開発なんて聞くと「いやいや、そんなの無理だって」って思われると思いますが、オリジナル商品というのは何も開発だけではありません。

 

 

出品しようとしている商品を単品で売るのではなく、2個をセットにして販売するなどもオリジナル商品ということになります。

 

 

単品だと出品者が何十人もいるけど、2個セットとなれば出品者は自分しかいないなどになれば、より販売チャンスが広がりますね(^^)

 

 

 

【 違いその5:支払い・配送方法 】

 

 

これは出品者側のメリットの話ではなく、購入者側にとってのメリットの話です。

 

 

今の時代お金の払い方というのはたくさんの方法がありますよね!

これが大口出品と小口出品では支払い方法に違いがあります。

 

 

その違いはこちらです。

大口出品:クレジットカード

        Amazonギフト券

        Amazonショッピングカード

        請求書払い

        携帯決済

        コンビニ決済

        代金引換

        Edy払い

 

小口出品:クレジットカード

        Amazonギフト券

        Amazonショッピングカード

        請求書払い

        携帯決済

 

ここでの大きな差はコンビニ決済代金引換です。

 

 

実際私から購入される方の中には代金引換をしておられる方がちらほらいらっしゃるので、そういう方からすれば代金引換がある出品者から購入したいという気持ちになりますよね!

 

 

コンビニ決済はこちら側には分かりませんが、実際のところは多いと思います。

お仕事帰りにコンビニに立ち寄ったり、ちょっと時間があるときにコンビニに支払いに行ったりされている方はいらっしゃると思うので、そういう方からすればコンビニ決済が出来る出品者から購入しようとなるわけです。

 

 

私は完全クレジットカード払いなのでコンビニ決済と代金引換があろうが無かろうが構いませんが、全国の消費者のことを思えばあるに越したことはないですよね(^^)

 

 

そして配送日時の指定も大口出品と小口出品では違いがあります。

大口出品:日時指定できる

小口出品:日時指定できない

 

 

私たち出品者から見ればそんなに大きなことではないように思えますが、購入者側の気持ちになれば配送時間の指定が出来ることは有り難いことです。

 

 

出品プランは自分の都合だけで考えずに購入者側のことまで考えると良いと思います。

 

 

 

【 まとめ 】

 

 

Amazonにこれから参入しようと考えておられる方達へ向けてこの情報を発信しましたが、お分かりいただけましたでしょうか?

 

 

Amazonに参入することはそんなに難しくないのであまり深くは考えすぎないでくださいね(^^;

 

 

これを説明してみて改めて感じたのは、

販売チャンスを逃さないこと、購入者のことを考えてみるとやはり大口出品がおススメですね

 

 

ちなみに、私大吉は初めから大口出品で登録しました!

 

 

その理由は、登録してしまったら必ず月間登録料が発生するので、そうやって自分が無理やりやらなければならない状態を作り出しました(^^;

 

 

売らなくても費用がかからないと考えると絶対にその環境に甘えてしまいますからね!

 

 

みなさんも、自分がこれからどのようにAmazonで販売していきたいかを考えて、それに合ったプラン選びをしてください。

 

 

これについてもう少し詳しく聞きたいという方は遠慮なく大吉までご相談ください♪

 

 

 

大吉

 

 

 

ラインの友達追加をしていただいた方には

スカイプ通話でご相談に乗ります♪

なんでもご相談してくださいね☆

 
友だち追加

 

 

 

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

コメント