平凡な人生を送っていた大吉が中古せどりに出会って毎月30万円以上稼げるようになった方法を公開します!

せどり  これで苦手な管理もバッチリ!

管理

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

 

 

こんにちは!大吉です。

 

 

私たちがせどりでお金を稼いでいく上で必ず必要なことは仕入れと販売でありますが、実際はそれだけでなく全体の管理もしていかなければなりません。

 

 

販売から管理まできちんとできて一人前といえます。

 

 

一言で管理といってもその種類はたくさんあり、販売、在庫、金銭、備品の管理などやるべきことはたくさんあります。

 

販売管理

出品する際に商品をデータ化しておくことや、売れた商品の利益計算など

 

在庫管理

出品している商品の値段調整や、在庫補充など

 

金銭管理

Amazonからの入金や、仕入れた商品の支払い金額など

 

備品管理

ガムテープやストレッチフィルムなど消耗品の補充など

 

上記の例が全てではありませんが、だいたいみなさんも同じようなことを管理されていると思います。

 

 

一見そこまでやることは多くないように見えますが、実際のところは商品のデータ化をすることも価格の変更も結構時間がかかったりします。

 

 

ただ、私たちのメインの仕事は商品を仕入れてそれを販売をし利益を上げることですので、この管理にそんなにたくさんの時間を使っている暇はありません。

 

 

そのため、いかにこの管理を効率良く行うかが重要です。

 

 

実際、私も人のことが言えるほど効率よく徹底して管理が出来ているわけではありませんが、ちゃんと販売や在庫の管理はしております。

 

 

私のやり方が少しでもみなさんより効率良いことをやっていれば是非それを取り入れて欲しいと思います。

 

 

 

【 出品時に商品をデータ化 】

 

 

まず、私は商品を買ってきてすぐにはパソコンにデータを入力しません。

 

 

一番最初にパソコンにデータを入力するのは、出品時にするようにしています。

 

 

なぜ始めではなく出品時にするかというと、

私は中古品を取り扱っているため、購入したときの雰囲気で値段を決めてしまうと実際箱から商品を出して検品しているときに、店頭では気付かなった傷や汚れがあると想定よりも価格を下げて出品しなければなりません。

 

 

そうなると、初めにこのExcelファイルに全て販売価格、販売手数料、FBA手数料を入力してしまっていると、値段を訂正するのにかなり面倒な作業が増えてしまうので、私は出品時のこの価格で行こう!という想いが固まったときにするようにしています。

 

 

このExcelファイルは自前ですが、私が入力しているのは

商品名、SKU、ASINコード、仕入れ日、仕入れ金額、発送量、販売日、販売金額、販売手数料、FBA手数料、その他手数料、利益、利益率です。

 

 

この他にも商品を購入したお店や、商品のジャンルコンディション値引き範囲などの情報を入力されている方もおられると思います。

 

 

もちろんたくさんの情報があった方が色々と戦略を練って次の手を打つことができると思うので良いことだと思いますが、そこまでやると入力に時間がかかり過ぎてしまうため私はこの情報だけにしています。

 

 

ちなみにこのExcelに入力するときは同時に出品作業もしています。

 

 

この商品名やASINコードをコピーしてExcelに貼りつけ、自分が設定した価格やSKUをこの出品画面に入力するようにしています。【 Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vで貼りつけ 】これはさすがに知っておられますよね(^^;

 

 

そして、商品の登録が終わった後に、在庫一覧に戻して、ここの手数料見積り額から販売手数料とFBA手数料をExcelに入力しています。

 

 

 

商品のデータ化と出品作業を別々にしてしまうと効率が悪いと私は思っているので一緒にしていますが、もしもっと効率が良い方法があれば教えてください(^^;

 

 

プライスターという有料ツールもあるようで、まだ使用したことがないため今後はこの有料ツールを取り入れてみようと思っています。

 

 

ただ、今のところはお金をかけずに自分の出来る範囲で頑張って入力することも大事だと思っているのでとりあえずはこれをやっています。

 

 

 

【 SKUも忘れずに 】

 

 

続いてSKUの管理ですが、そもそもSKUって何?ってなっている人のためにお伝えします。

 

 

SKU(商品管理番号)とは、出品者が設定する、商品固有の識別コードのことです。

 

 

自分の商品を管理するときに自分用に番号をふっておいた方が管理しやすいよ!というものですね!

 

 

入力するのは出品画面のこの出品者SKUというところです。

 

 

私はせどりを始めたころはここに何も入力せず進めていましたが、後から物凄くめんどくさいことになったので今は必ずSKUを入力するようにしています。

 

 

私がなぜそう思ったかというと、商品が売れた際に注文管理から何が売れたのか確認するのですが、その画面からはこの商品がいつ仕入れた商品なのかが全く分からないんですよ(^^;

 

 

SKUに何も入力しないとこんな風に数字と英語がランダムになったものが設定されます。これを見ていつ仕入れた商品というのは全く分からないですよね!

 

 

出品商品が少ない方は何も思わないかもしれませんが、何百も商品があるとこの商品がいつ仕入れた物かなんて忘れてしまいます。

 

 

売れた商品を効率良くチェックしていくためにはこのSKUが必須です。

 

 

SKUは半角英数字で最大40文字まで入力出来るのでなるべく自分が分かりやすい情報を入れておくと良いです。

 

 

仕入れ日仕入れ金額仕入れたお店などの情報を入れてみるのも良いかもしれませんね!

 

 

例えば、2019年11月25日にハードオフから550円で仕入れた物だとすると

SKUは【 2019-1125-550-h 】などです。

hはハードオフ、sはセカンドストリートなど自分が分かりやすいように決めると良いと思います。

 

 

これを自分の商品データに入力しておけば、この注文管理の画面からからこの商品がいつ仕入れたものだと分かるのでより管理がしやすくなります。

 

 

以前、SKUを設定していないときはひと月ごとにデータを見て「あっ、あった、これだ!」みたいにやっていましたが、今考えれば本当に無駄な労力を使っていたなと思います(-_-;)

 

 

まだSKUを設定していない人はぜひやりましょう!

 

 

 

【 売れた商品の手数料確認 】

 

 

商品が売れたことは注文管理から確認できることが分かりましたね。

 

 

ただ、注文管理からだとその商品の販売手数料やFBA手数料は明記されていないためその場では分かりません。

 

 

ではどこで売れた商品の詳細なデータが分かるのでしょうか?

 

 

それはこちらのレポートからです!

【 ①レポート → ②トランザクション → ③商品合計金額 】の順で押下します。

 

 

するとこのような画面に切り替わりますので、下の赤い枠で囲っている出荷作業手数料販売手数料を見て自分の商品データと差異が無いか確認して、誤差があるなら変更していきましょう!

 

 

 

ここまできちんと手数料を確認できればあなたの商品データは間違いなく完璧に仕上がります。

 

 

その売れた商品が一体いくらの利益が出て、いくらの利益率だったのか。

 

 

これはきちんと把握しておくべきですね!

 

 

 

【 振込額の確認 】

 

 

この振込額というのも私たちせどらーにとっては重要ですよね!

 

 

とくにクレジットカードで仕入れをしている人にとっては、次の支払いまでにいくら振り込まれるかでプラスとなるかマイナスとなるかが決まります。

 

 

その振込額ですが、実は細かく把握しておく必要があります。

 

 

まずAmazonからの振込額を確認するのはこちらからできます。

【 ①レポート → ②一覧  】の順で押下します。

 

 

 

振込額はセラーセントラルのアプリからも確認はできますが、詳細を見ようと思うとインターネットのセラーセントラルからでないとできません。

 

 

詳細を見る必要があるのは振込額にはいろいろなものが含まれているからです。

 

 

振込額の中には、前回決済の引当金、商品代金、プロモーション割引額、Amazon手数料、その他(配送料やギフト包装量)、返金代金、決済残高と色々なものが含まれた上で振込額が決まってきます。

 

 

月が変わった時の決済額には月額登録料やFBAの在庫保管料も含まれてきますので、なんでこの金額になったんだろう?と自分自身が理解できていないような状態でいるのは非常に問題です。

 

 

そこまで把握しておかないと仕入れ金額より振込額がマイナスになったなど、自分が予定していることと違うことが起きてしまいますので、お金の動きというのはしっかりと把握しておく必要があります。

 

 

 

【 レシートや備品の管理も大事 】

 

 

管理というのは販売や在庫、金銭ばかりだけでなく、レシートや備品の管理など事務的なこともあります。

 

 

たかがレシートと思われているでしょうが、実は私たちせどらー(個人事業主)はこのレシートを最大7年間保管しておく必要があります。

 

 

えっ?そんなの知らなかった…

では済まされないこともあるかもしれませんので、きっちり保管をしておきましょうね!

 

 

最近は芸人の○井さんも税の申告を怠っていて問題になりましたね。

 

 

あれは、氷山の一角のことだと私は思っていますが、みなさんはきちんと管理・申告できていますでしょう?

 

 

自分を守れるのは自分しかいませんよ!

 

 

何か問題が起きてからでは修正できませんから今からきちんとやっておきましょう!

 

 

ちなみにこちら私も使っていてお勧め商品ですが、レシートを保管するにあたって閉まっておきやすいファイルがあります。

 

 

ファイルが2段に分かれていて、上の段に仕入れ、下の段にガソリンや発送のレシートを入れたりしています。

 

 

このファイル1冊で1年分を保管しておくことができますので、7年保管であれば7冊あれば足ります。

 

 

保管の仕方はみなさん様々だと思いますが、私はこの方法が一番分かりやすいと思っているので、いいなと思った方はAmazonから「コクヨ ファイル 領収書ファイル グレーA4 24ポケットラ-YR510M」で検索して購入してみてください(^^)

 

 

別にアフィリエイトではありませんからお気軽に調べてください(笑)

 

 

もちろん、レシートの管理だけでなく、出品に関する備品などは常に在庫を切らすことが無いように予備を置いておきましょうね!

 

 

いざ、ガムテープで段ボールを止めて出品しようというときに、ガムテープが無かったでは話になりませんし、わざわざ買いに行くその時間が本当に無駄になってしまいますので、ここもめんどくさがらずきちんと管理しておきましょう♪

 

 

 

【 まとめ 】

 

 

せどりは仕入れて販売するという単純な仕組みかもしれませんが、それを継続して行うためにはこのような管理をしていくことが非常に重要です。

 

 

と、言いますかビジネスをする上では当たり前のことですね!

 

 

むしろせどりは他の業種や副業に比べると比較的管理がしやすい方だと思っています。

 

 

この管理が出来ないような人はまず成功するわけがないとも思っていますので、今せどりをしていて上手くいかないと思っている人は自分の管理体制を改めた方がよろしいかもしれませんね。

 

 

この記事の冒頭でも書きましたが、仕入れから販売、そして管理まで出来て一人前です。

 

 

商売をするということはこういうことです。

 

 

管理体制が不安だという方は一度ご相談ください☆

 

 

Excelの作り方であってもお教えします(^^)

 

 

大吉

 

 

 

ラインの友達追加をしていただいた方には

スカイプ通話でご相談に乗ります♪

なんでもご相談してくださいね☆

 
友だち追加

 

 

 

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

コメント