平凡な人生を送っていた大吉が中古せどりに出会って毎月30万円以上稼げるようになった方法を公開します!

【せどり 危険物】知らなかったでは済まされません!

危険物

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

 

 

こんにちは!大吉です。

 

 

かなりインパクトのあるタイトルになっていますが、今回このような内容に至ったのは、私の知らない法律がまだまだたくさんあると感じたからです。

 

 

先日、郵便局に商品を発送しに行きました。

 

 

郵便局で商品を発送する際にこのようなものは含まれていませんか?というリーフレットみたいなものを見せられると思うのですが、その中のあるものに気付いて尋ねてみました。

 

 

 

「あの、ガスカートリッジなどは送れないのですか?」

 

「どのようなものでしょうか?」

 

「ソーダマシンといって飲み物に炭酸ガスを注入するようなやつで、それに付属しているガスカートリッジです。」

 

「高圧ガスが含まれているものだとしたらお引き受けすることはできません。」

 

「そうなんですね、分かりました。」

 

 

と、いうやり取りがあったのですが、なぜこんなやり取りになったかというと、実は私が販売している商品の中にガスカートリッジ(高圧ガス)を使用したものがあったからです。

 

 

というか、つい最近まで販売していました(^^;

 

 

こんなやつです。

 

販売といっても1個だけ出していて、これに気付いて今は出品をやめています。

 

 

実はこれ、一歩間違えれば警察沙汰になるようなことらしいです。

 

 

その理由はコチラです。

 

 

 

【 高圧ガスの取り扱いには免許が必要 】

 

 

そもそも高圧ガス保安法で個人がガスを取り扱いする場合は専用の資格が必要だそうです。

 

こちらは高圧ガス保安法で定められているものを抜粋しました。

高圧ガス保安法

第二十八条 

販売業者(経済産業省令で定める高圧ガスを販売する者に限る。第三十四条において同じ。)は、販売所ごとに、経済産業省令で定めるところにより、製造保安責任者免状又は高圧ガス販売主任者免状(以下「販売主任者免状」という。)の交付を受けている者であつて、経済産業省令で定める高圧ガスの販売に関する経験を有する者のうちから、高圧ガス販売主任者(以下「販売主任者」という。)を選任し、第三十二条第七項に規定する職務を行わせなければならない。

 

難しく書いてありますが、ここで分かることはちゃんとした資格を持った人がいないと販売してはいけないよ!ということですね。

 

 

この文章だけだと分かりづらかったので、実際高圧ガス保安協会に問い合わせしてみました!

 

高圧ガス保安協会 高圧ガス部

高圧ガスの製造、販売、貯蔵、消費等の規制

TEL 03-3436-6103

 

 

ここで教えていただいたのは、やはり高圧ガスを取り扱うには資格を保有した人でないと販売できないとのことでした。

 

その際に、高圧ガス保安協会のHPを見ながら案内してもらいましたが、以下のようにかなり色々な手続きがあるようです。

 

 

【 高圧ガスの出品・販売者について 】

 

  1. 「高圧ガスの販売の事業を行う者」になりますので、必要な書類を添えて所在の都道府県知事又は指定都市の長に届け出なければなりません。
  2. さらに、主なものとして、次のようなことも必要になります。
  3. アセチレン、酸素、LPガスなど所定の高圧ガスを販売する場合には、「高圧ガス販売主任者免状」を所有しており、かつ、販売に関する所定の経験がある者を選任し、知事に届け出ること
  4. 溶接・溶断作業用のアセチレン・酸素など所定の高圧ガスを販売する場合には、購入者に、災害発生防止に必要な事項を記載した書面(周知文書)を配布すること
  5. 保安台帳を備えて、販売先の保安状況を記載すること
  6. 容器により高圧ガスを販売する場合は、帳簿を備えて、販売した高圧ガスの容器の記号・番号、販売先その他を記載すること
  7. 販売する高圧ガス(質量1.5kg超、ガスの容積<容器の内容積ではない>0.15m超)を置いておくときに、「高圧ガスの貯蔵の技術基準」(注2)を守ること

 

「高圧ガスの貯蔵の技術基準」の主なものは次のとおりです。

・高圧ガスが入っている容器(以下単に「容器」といいます。)を40℃以下に保つこと

・容器を転倒などしないようにし、また、粗暴に取り扱わないこと

・アセチレンなどの可燃性ガスの容器や毒性ガスの容器は、通風のよい場所で貯蔵すること

・可燃性ガス、酸素、毒性ガスなどの容器を置く場所の周囲2m以内では火気の使用を禁じること

 

 

この他にもガスカートリッジを自分たちのところで破棄することができるような環境を整えておく必要もあるようです。

 

もし申請について気になる方は高圧ガス保安協会に聞いてみてください!

 

 

 

正直、これを見て高圧ガスの資格を取得して、県に届出までして販売しようとするせどらーさんは少ないかと思います(^^;

 

 

逆にこの資格を持って販売できると他のせどらーを出し抜けるのですごい強みでもあると思います!

 

 

私はそこまでこのソーダマシンを販売する機会は無いと思うので資格取得までは考えていません。

 

 

たかがソーダマシンのガスカートリッジだからと思い安易な気持ちで出品をしていましたが、こんなことだとは全く知りませんでした。

 

 

もしかすると私みたいに何も知らずに出品してしまってる人もいらっしゃると思いますし、なんだったら今現在も販売中という人もいると思います。

 

 

もしこの記事を見ているのであれば即販売をやめていただきたい。

 

 

なぜなら、あなたが販売した高圧ガスの商品がなんらかの不具合で事故が起きてしまった場合、間違いなくあなたは責任を問われることになるでしょう!

 

 

そうなったときにあなたはこの件に関してきちんと対応出来ますか?

 

 

販売したは良いけど、ガスのことは関係ないのでケガをしたなら病院に行ってくださいとでも言いますか?(^^;

 

 

事故が起きて販売者が対応してくれないようなことになると、間違いなく警察に言われますよ。

 

 

そして、警察から事情聴取をされたときに資格を持っていないということが分かり、あなたは処罰されてしまいます。

 

 

ちゃんと高圧ガス保安協会のHPにも記載されていますね!

 

高圧ガスを取り扱う際には、高圧ガス保安法の規制を受けることから、クリアしなければならない条件が数多くあります。

これは、インターネットオークション等を利用して高圧ガスの販売又は購入を行う場合についても例外ではなく、上記の法に定める規定を遵守しなかった場合には処罰される可能性がありますので、十分な注意が必要です。

 

 

引用元URL

インターネットによる高圧ガスの取引きに関する注意  ― 高圧ガス保安法の規制 ― | 高圧ガス保安協会
高圧ガス保安協会(KHK)は、高圧ガスに関する技術基準(KHKS)作成、検査・認定等、教育・講習、資格試験、研究開発のほか、ISOマネジメントシステム審査登録を行っております。

 

 

こんなに大事なことを私たちは全く知らずに販売をしていたとなるとゾッとしますよね。。。

 

 

この仕組みはもちろん消費者のためでもありますが、自分を守るためでもありますので、これを見たあと正しい選択をしてくださいね。

 

 

 

【 配送業者も対応していない 】

 

 

高圧ガス保安法というものがあり、個人がガスカートリッジなどの高圧ガスの販売が出来ないということはわかりましたが、そもそも配送業者も利用出来ないということを知っておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにどの配送業者にも送れないモノの中に高圧ガスが入っています。

 

 

なので、仮に販売が出来たとして配送する際に送れないということに気付き結局は販売をキャンセルせざるを得ません。

 

 

自己発送商品の出荷前キャンセルをするとアカウント停止の可能性が出ますのでこちらも合わせてご注意ください。

 

 

でも、実は佐川急便さんの陸送だけは高圧ガスを送れるみたいですね(^^;

※念のため問い合わせしたら送れますよと教えていただきました。

 

 

ただ、送れるなら販売していいかというとそれは違います。

 

 

そもそもが販売をしてはダメなので、そこは勘違いしないでくださいね(^^;

 

 

 

ちなみに高圧ガスを使用した商品を販売しているメーカーは、特別な輸送車両で配送しているそうです。

 

 

 

【 まとめ 】

 

 

今回の件は私が失敗した仕入れなので、みなさんに同じことになってほしくなくご案内しました。

 

 

このまま知らずに販売していたら警察沙汰になっていたかもしれません…。

 

 

売り切るまでに気付いて販売を止めれたのは良かったです(^^;

 

 

今の世の中知らなかったでは済まされないことがたくさんあります。

 

 

今回の件もその一つだと思いました。

 

 

確かに私たちせどらーはたくさんの商品を取り扱うことは出来ますが、何でも販売出来るからと言って何も知らないということではいけません。

 

 

取り扱うにはそれ相応の知識や経験、資格が必要になります。

 

 

仕入れには失敗してしまいましたが、大きな問題になる前に分かったので結果としては良い経験になりました(^^)

 

 

みなさんも、もしガスカートリッジのような危険物を取り扱う際には事前にしっかりと調べてから取り扱うようにしましょう!

 

 

 

大吉

 

 

 

ラインの友達追加をしていただいた方には

スカイプ通話でご相談に乗ります♪

なんでもご相談してくださいね☆

 
友だち追加

 

 

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

コメント