平凡な人生を送っていた大吉が中古せどりに出会って毎月30万円以上稼げるようになった方法を公開します!

せどり なぜお金が残らないのか?【 販売編 】

利益

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

 

 

こんにちは!大吉です。

 

 

前回の記事で、仕入れの仕方によってお金の動き方が全く違うということを感じていただいたと思います。

 

 

みなさんの理想に近づくための参考になりましたでしょうか?

 

 

利益の出していく方法は様々だと思いますが、一番効率が良い方法が良いですよね♪

 

 

仕入れはお金に直結するものですが、実際は販売の仕方もお金に大きく関わります。

 

 

販売方法もきちんと出来ていないとお金が残らない、うまくいかないと感じることになってしまいます。

 

 

どれだけ仕入れを安く出来たとしても結局販売出来なければただの倉庫の肥やしでしかありません。

 

 

仕入れから販売まで出来て初めてお金が発生しますので、こちらもせどり物販をしていく上では非常に重要なことです。

 

 

では、どんな販売だと上手くいかないのか、どんな販売が上手くいくのか。

 

 

いくつか例を挙げますのでご覧ください☆

 

 

 

【 モノレートで出品価格を見極める 】

 

 

商品を出品する際に必ず値段を決めてから出品しますが、おそらくほとんどの方がモノレートを使って値段を決めておられると思います。

 

「まだモノレートを使ったことないよ!」っていう人は今すぐモノレートを活用してください(^^;

 

そのモノレートを使って販売価格を決めますが、一歩間違えると全く売れなくなります。

 

では、売れる価格を設定するためにはどんなところに注意しなければならいないでしょうか。

 

 

これはある商品のモノレートのデータです。

 

一年で5回売れていますね。

元々そんなに高回転の商品ではないかもしれないですが、もしかしかたら値段が高すぎて売れてないだけということも考えられます。

 

現に、1~4の数字のところで売れていますが、6,000円の価格帯では一度も売れていません。

ここに気付かずランキングが変動しているからといって6,000円近いような価格で出品しているといつまで経っても売れないということがおきます。

 

 

ではみなさんならこの商品、いくらの価格をつけますか?

(商品の状態は新品、仕入れは500円とします)

 

 

おそらくみなさんと同じような価格だと思いますが、私なら3,000円の価格をつけます。

 

 

その理由は高回転の商品でないため、3,500円~4,000円で置いていても時間がかかる可能性があるからです。

 

だからと言って2,000円だとあまりにも勝負しなさすぎなので、3,000円からスタートをし、2週間で売れなければ2,500円に下げます。

 

おそらく何も問題なければこれで売れていきます。

 

 

価格を決めるときは必ず

「なぜこの価格で売れていて、なぜこの価格で売れていないのか?」を分析してから出品してくださいね☆

 

 

そして、

どのくらいのタイミングで値下げをして、いつまでに売り切りたいのかまで考えておくことが大事です。

 

 

これで販売チャンスを逃すことは少なくなりますよ(^^)

 

 

 

【 商品の説明や写真 】

 

 

お金が残らない、うまくいかないと言っておられるかたの原因に価格設定もありますが、その他に商品の説明そのものが間違っている可能性が高いです。

 

 

商品の説明文や写真については以前の記事でご紹介しましたが、こちらも販売を行ううえで非常に重要なことです。

↓↓↓

自分の商品を選んでもらうためには

 

 

この商品の説明ができていない人の理由を挙げるとするなら、それは消費者側の心理が分かっていないということです。

 

 

「いやいや、あたなに言われなくても分かっているよ!」

と思われるかもしれないですが、本当に分かっていない方が多過ぎです!

 

 

 

これは一例ですけど、

そもそも中古の販売で説明文と写真の両方が無いとか終わってます。

この方、販売する気ないですね。

 

 

 

次の例です。

説明文をご覧ください。

一見丁寧に文章を書いているっぽく見えますが、よく考えると

自分で問い合わせて来いってこと???

あなたは細かい説明も写真も提供せずに、気になったらこっちに問い合わせて来いってこと???

 

え?

 

いやいや、自分都合すぎるでしょ(笑)

 

 

なんて私は思うわけです。

 

 

私が思うということは、全国の消費者にも同じことを思う人がいるんですよ。

 

 

ただ、これでも買いますって人はいくらでもいると思うので絶対売れないということではありませんが、買おうと思う人は間違いなく減りますよね?

 

 

要するに自分で消費者の幅を絞っているということですからね!

 

 

なぜわざわざ自分で売れにくくするのかが私は意味が分かりません(^^;

 

 

もし今、これを人ごとのように思っている方がいたら、それは黄色信号ですよ。

 

 

ここで自分のことに置き換えて考えれるかどうかで今後の販売が変わってきます。

 

 

商品説明や写真の良い例は以前の記事に載せてますからそちらを参考にしてください。

↓↓↓

自分の商品を選んでもらうためには

 

 

人の振り見て我が振り直せですよ。

 

 

 

【 販売在庫の価格管理 】

 

 

商品を出品する際には、モノレート見て価格を決めて、しっかりと説明文と写真をアップし、満を持して出品しますよね!

 

ここまでは出来たとしても、実際この後の価格の管理が出来ていない人が多いと思います。

 

 

 

市場というものは常に変化し続けるものです。

 

 

新しい商品が出たり、セールの時期になったり、販売者が増えたりなど様々な変化が起きます。

 

 

そうすると出品時にこれで大丈夫!と思って決めた価格も、時間が経ってみると全く場違いなことになっているケースも少なくありません。

 

一度出品したことで、「ちゃんと調べて出品したから勝手に売れていくでしょ」みたいなことを思っていると大間違いです。

 

ちゃんと管理し続けなければなりません。

 

 

では、一体どのくらいの間隔で管理をしていかなければならないのか?

 

 

もちろん一番良いのは毎日管理することですが、そういってもみなさんそこまで暇ではないはずですから、最低限してほしいのは2週間に1度は価格の管理をしてください。

 

 

価格の変更する場所が分からない方はおられないですよね?(^^;

この赤い枠で囲ったところに現在の出品価格が表示されています。 

 

 

ここに変更したい金額を入れて保存を押すだけです。

 

 

こんな単純な作業なのでなるべく2週間に1度は見直しましょう。

 

 

ただ、単に値段を下げるのではなく、現在の相場がいくらになっているのか?他の出品者のコンディションなど見ながら価格の改定をしていかないと更に販売の機会を逃してしまうことになります。

 

 

出品したら終わりではないということを頭に入れておいてください!

 

 

 

【 まとめ 】

 

 

お金が残らない…うまくいかない…【販売編】いかがでしたでしょうか?

 

 

実はお金が残らない…うまくいかない…という方にありがちなのは、そもそも自分がこういうことをやってきているという自覚がないんです。

 

自覚が無いからこそなんでだろう…と悩むわけです。

 

 

こんな風に言っている私もまだまだ見直していく部分は山ほどありますので、人のことは言えた義理じゃないですけど。

 

 

でも、いつも自分が想い描いているように販売するためにはどうすべきなのかを考えています。

 

 

それも考えずに

お金が残らないとか、上手くいかないなんて言ってる人は、もうちょっと考えて販売しないといつまでも成功しないですよ(^^;

 

 

あなたは自分の会社の責任者なので、もっと自覚を持って、商品を販売することの意味を理解してください。

 

 

 

それが分かれば自然とお金も残るようになってきます☆

 

 

 

大吉

 

 

 

ラインの友達追加をしていただいた方には

スカイプ通話でご相談に乗ります♪

なんでもご相談してくださいね☆

 
友だち追加

 

 

 

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

コメント