平凡な人生を送っていた大吉が副業で毎月30万円以上稼げるようになったせどり術を公開します!

ハードオフの仕入れ立ち回り方

仕入れ

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

 

 

こんにちは!大吉です。

 

 

今回はリサイクルショップの王道、ハードオフでの仕入れ立ち回りについてご説明したいと思います。

 

 

前回のセカンドストリートの立ち回りはコチラです。

↓↓

セカンドストリートの仕入れ立ち回り方

 

 

ハードオフはみなさんもご存じ、電気製品(TV、パソコン、オーディオ、楽器、カメラ等)をメインとしたリサイクルショップで全国に900店近くお店があります。

 

 

いつもお店に行くと思うのですが、男性って本当に電気製品が好きですよね(^^)

 

 

どこのお店に行っても、男性、男性、男性です。

 

 

なぜこんなに男性は電気製品が好きなのか?

 

 

それは、男性の脳は論理的で具体的に分かるものが好きらしいです。

つまり「この機種とこの機種とでは保存できる量が2倍違う」「このモデルは前回のモデルより新しい機能が追加された」など、誰が見ても具体的で違いが分かるようなものに興味を惹かれるみたいですね(^^)

 

 

逆にアパレルなど主観的な価値で客観的に見て違いの分かりづらいものを嫌ってしまう傾向があるようですね(^^;

奥様の買い物に付き合っているときに「その服とこの前買った服は何が違うの?」みたいなこと言ってませんか?笑

 

そういうところらしいですよ!

 

 

 

ちょっと話がそれましたね(^^;

 

 

さて、そんな男性が大好きなハードオフですが、仕入れとなるとまた話は別です。

 

 

好きなものだけ見ていればいいわけではなく、このたくさんある商品の中から利益が取れるものを見つけていかなければなりません。

 

 

お店の商品すべてを調べていたら営業時間が終わってしまうので、見るポイントを絞ってサクサクっと仕入れしちゃいましょう!

 

 

今回はその見るポイントの一部をご紹介します!

 

 

 

【 まずはバーコード付きの商品から! 】

 

 

まずハードオフでの立ち回りもセカンドストリートのときと同じでバーコード付きの商品を見ていきます。

 

 

バーコード付きの商品ということでもちろんこのような箱に入っているものですね。

基本的にはこのように棚に陳列してありますので、比較的簡単に調べることはできるかと思います。

 

 

 

ただ、闇雲に調べていても時間がかかるばかりで、なにも仕入れ出来ないという事態に陥ってしまうため、見る商品を絞っていきます。

 

 

 

それが次の【 棚に陳列された日 】です。

 

 

 

【 仕入れが最近のものは要チェック! 】

 

 

商品が山ほどある中で商品を絞って見ていくためには、なるべく棚に陳列された日が新しいものを見ていくようにしましょう!

 

 

こちらの値札を見ていただくと、緑色で囲ってあるとこに【 180220 】と記載されています。

 

これは【 2018年の2月20日に検品して棚に陳列した 】という意味合いです。

 

 

この商品を例に挙げると、2018年2月20日に棚に陳列されたとなると約1年半以上前ですから、そこからおそらく何人ものせどらーがこの商品を目にして、仕入れして販売出来ないかを調べていると思います。

 

 

ということは、そこからどのせどらーも買っていないわけですからこの商品は利益が取れる商品でない可能性が高いということが分かります。

 

 

要するに他のせどらーもスルーした商品ということですね。

 

 

それを同じように調べたところで時間の無駄なわけですから、より新しい日付のものを調べる方が効率が良いです。

 

 

ちなみにこちらを見ていただくと【 191010 】と書いてありますから、

これは【 2019年の10月10日に検品し棚に陳列した 】商品ということですね。

 

まだお店に陳列されて新しい日付のものはまだ他のせどらーも見ていない可能性が高いので、利益が取れる商品の可能性も高いということです!

 

なので、先ほどのバーコード付きの商品を見ていく中でも日付の新しい順に見ていくということが大事なわけです☆

 

 

 

【 楽器や工具も見ていきましょう! 】

 

 

ハードオフの中にはTVやパソコン以外にも楽器のコーナーや工具のコーナーまであります。

 

 

楽器のコーナーは知っている方も多いと思いますが、ハードオフには工具まで置いてあるんです。

 

 

もちろん楽器は箱に入っているものから調べていきますが、意外と箱入りのものは少ないため、どちらかというと型番をそのまま入力して調べていくスタイルになると思います。ただそれも、闇雲に調べていては時間がかかってしまいますので、日付の新しいものから見ていくようにしましょうね!

 

 

どんどん慣れてくるとこのようなショーケースに入っているものも利益が取れるものがあるので、慣れてくれば調べるようにしましょう!

 

私は楽器でいうと、チューナーやギターペグ、マイク、エフェクターなどを仕入れました。

 

このあたりの物であればそんなに大きなものでないので仕入れしやすいのですが、他のせどらーさんはギター本体やアンプまで仕入れの対象にしておられるので本当に関心してしまいます(^^;

 

 

 

工具のコーナーはこのような感じで陳列してあります。

ここで私が調べているのも基本的には箱入りの商品ですね!

 

工具仕入れでメジャーなのはインパクトドリルです。

 

 

私が工具で仕入れたものの中には、そのインパクトドリルに付属する部品だったり、建物の基礎を止めるための金具であったり、ラチェットレンチとよばれるようなものがありました!

 

 

楽器や工具だからといって仕入れの対象から外していると仕入れの幅が狭まってしまうので、ジャンル問わず積極的に仕入れていきましょうね♪

 

 

 

【 JUNKコーナーも仕入れできます! 】

 

 

ハードオフの中にはJUNKコーナーという場所があります。

 

 

JUNK(ジャンク)というとみなさん勘違いされがちですが、

ジャンク = 壊れている 】ではありませんからね(^^;

 

 

正直、私自身も初めはジャンクというだけで壊れているものと勝手に判断して、このコーナーに寄り付こうとも思いませんでした。

 

 

確かにジャンクコーナーというだけあって、実際動かないものもあったりしますが、中には損傷が激しいけど動きには問題がない、年式がかなり古いけど動作するというものも交じっています。

 

 

なので一見仕入れに向かないような場所にも思えますが、この中からも十分に販売して利益を出すことができる商品があるのでどんどん調べていきましょう!

 

 

 

そのジャンクコーナーの中で仕入れの代表格となるのが、このプリンターです。

 

 

プリンターもジャンクということなので、もちろん壊れていて印刷ができないものやインクが出ないというものありますが、ちゃんと印刷出来るものもあります。

 

 

私が先日岡山で仕入れたプリンターはジャンクコーナーからです。

 

 

その時はジャンクコーナーに置いてある理由が書いてありませんでしたが、きちんと印刷ができたという【 テスト印刷 】が張り付けてあったので、なんの問題もなく仕入れしました。

 

 

ただ、ジャンク品にはハードオフの保証がありませんので、もし購入したあと壊れていたとしてもそれは返品できないため、しっかりと仕入れる前に判断することが大事です。

 

 

 

【 まとめ 】

 

 

このようにハードオフの中でも見るポイントというのはいくらでもあります。

 

 

ただ、何度も言うようにどこを見るかのポイントを絞っていかないとどれだけ時間があっても足りません。

 

 

自分の得意なジャンルから攻めてみるというのも一つの手だと思います(^^)

 

 

 

ちなみに、私はこのブログ用の写真を撮りに行った際に、商品を見ていたら仕入れしたくなってしまって気づいたら仕入れしちゃってました(笑)

 

5,000円仕入れの見込み利益15,000円です。

 

わずか30分ほどですが、あっという間に仕入れが出来ちゃいます♪

 

 

これもキチンと見るポイントを絞っているからですよ(^^)

 

 

せどりをしている方の多くは男性だと思うので、そんなにハードオフに行くことに抵抗はないですよね!?

 

 

何度も足を運んでいち早くハードオフで仕入れるときのポイントを見つけてじゃんじゃん仕入れが出来るようにしましょう☆

 

 

 

大吉

 

 

 

ラインの友達追加をしていただいた方には

スカイプ通話でご相談に乗ります♪

なんでもご相談してくださいね☆

 
友だち追加

 

 

 

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

コメント