平凡な人生を送っていた大吉が副業で毎月30万円以上稼げるようになったせどり術を公開します!

失敗しないモノレートの見方

ツール

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

 

 

こんにちは!大吉です。

 

 

私たちせどらーは商品を仕入れる際に必ず何かツールを使って仕入れます。

 

ですが、そのツールも上手に使えなければ仕入れが失敗してしまいます。

 

失敗しないようにするためには、時間をかけて、様々な材料を見て、これなら売れるぞ!

という確信をもってから仕入れれば失敗することは少なくなるでしょう。

 

ただ、それは家でゆっくりとパソコンと向き合う時間があればの話です。

 

ですが、店舗仕入れだとそんなパソコンを開いてゆっくり画面と向き合うことはできないので、その場で仕入れ対象かどうかを判断しなければなりません。

 

そのため購入して家に帰ってから、グラフを読み違えていたなど出てきて後から仕入れに失敗したと気づくケースも少なくはないと思います。

 

せっかく買って帰ってきたのに失敗したと気づいたときはショックですからね…(-_-;)

 

私もそのような経験はあります。

 

 

今回はこのような仕入れ時の失敗を減らすためにもモノレートの上手な見方を説明します!

 

 

【 モノレートの見方 】

 

そもそもモノレートとは

Amazon内に存在している全ての商品のランキングや価格の推移を教えてくれるものです。

 

その商品がいつ、どのくらいの価格で、どのコンディションで売れたかなど分かります。

 

私たちせどらーにとっては生命線とも言えるツールですね(^^)

 

 

 

まずモノレートを開く方法ですが

 

インターネットで直接モノレートを開くか、

 

Amacodeからモノレートへ移動するかのどちらかです。

 

他にも方法はあると思いますが、私はこの2通りしか使いません。

 

 

Amacodeは以前お伝えしたように

商品を読み取ってからその下のモノレートを押すだけです。

 

 

直接インターネットから開く方はこちらからどうぞ

↓↓↓

MONORATE

モノレート | アマゾンのランキング・価格推移・価格比較を、お買い物の前にチェック!
色んな『モノ』の『レート』(ランキング・&#20385...

 

 

直接開いた方はこのような画面になりますので、

一番上のところに商品名やその商品のJANコード(バーコード)を入力してください。

 

 

 

商品を検索したらこのような画面がでます。

 

ここではその商品の現在の

  • 新品の金額とその出品者数
  • カート価格
  • 中古の金額とその出品者数

などは分かるようになっています。

 

ここはパッと見る情報なので、仕入れて販売できるかどうか判断をする場所ではありません。

 

 

そしてその情報より下にいくとこのようなグラフが出てきます。

 

ここでは

  • 最安値
  • 出品者数
  • ランキング

などが分かります。

 

ここが私たちせどらーにとって仕入れできるかどうかを判断している重要なポイントです。

 

 


最安値

 

この見方ですが、緑色の線が新品で、赤色の線が中古です。

 

私は今出品されている価格が、相場より高いか安いか、もしくは相場通りなのかを見ています。

 

時々あるのが、出品されている価格だけを見ると物凄く高い物があるのですが、

ただ、それは安い出品者が売れていっただけで高い出品者が一人残ってしまっている状態ということです。

 

これを勘違いして仕入れてしまうと失敗をしてしまいます。

 

なのでTOPの価格はあてにならないことが分かります。

 

 

今出品されている価格、過去の価格を参考にしながら、仕入れしようとしているものと照らし合わせて利益が出るのかを確認してくださいね!

 

 


【 出品者数 】

 

出品者数が多いと比較的人気な商品と言えるでしょう。

 

出品者が30人も40人もいるような大変人気の商品だとすると、

価格競争が起きるということを想定してください。

 

逆に出品者が1人のような場合は人気が無いといえることもありますが、それよりも

出品規制がかかっている可能性があると思ってもらうことも大事です。

 

要するに他の人が出品できない状況だということですね。

これはセラーセントラルで出品できるかどうかを調べれば良いことなので、あまりここを判断基準にする必要はないです。

 

 


【 ランキング 】

 

グラフが上がったり下がったりしていますよね?

この仕組みはグラフが下がると商品が売れたことを意味しています。

商品が売れると商品ランキングが上がるのでそれによってグラフが変わる仕組みになっています。

 

つまりグラフの上下が激しいほど商品がたくさん売れているという風に考えてもらって良いです。

 

上の写真だとグラフが13回ほど下がっているので3ヵ月で13個ほど売れたということが分かります。

 

ここで考えて欲しいのは、

出品者が何人いるか?ということです。

仮に10人出品者がいて、3ヵ月で13個売れているということは、自分が販売できるのは1~2個ということが分かりますよね。

 

ただ、出品者のみんながみんな同じ価格で出品しているわけではないので、自分が一番安ければそれだけチャンスが巡ってくるということになります。

 

 


 

 

ざっくりとしたモノレートの見方は分かりましたでしょうか?

次はもう少し細かいところを説明していきます。

 

 

 

【 応用編 】

 

ではモノレートの見方は分かったところで、今度は仕入れを失敗しないためもう少し掘り下げて話をします。

 

ここで見ていくことは

  • 過去の最安値を確認
  • 中古のコンディションもチェック
  • 販売とランキングの照らし合わせ

となります。

これが出来れば仕入れるの幅が広がりますし、仕入れに失敗しなくなります。

 

 


【 過去の最安値を確認 】

まずモノレートを開くと最安値が表示されますが、実はそのデータは過去3ヵ月だけのデータとなっています。

 

実際仕入れしていて思うのですが、過去3ヵ月だけのデータでは正直分からないことが多いです。

 

初めにお見せしたようなデータであれば、そこまで過去を掘り下げなくてもそんなに影響ないと思いますが、こんなデータを見たらあなたはどう思われるでしょうか?

 

 

これはある商品の3ヵ月の販売データです。

3ヵ月で2つしか売れていないですね。

じゃあこのデータを元に仕入れよう!ってなりますかね?正直私はこれでは怖いです。

 

なぜなら、もしかしたら過去に一度も売れていなくてたまたま最近売れただけかもしれません。

 

しかもたまたまこの価格で売れただけかもしれませんし、とにかく情報が少なすぎます。

 

 

そうなると、することは1つ。

過去に遡って調べるだけです!

過去のデータを見るには12ヵ月のボタンをポチっと押すだけですよ♪

こんな感じで表示されます。

 

これを見ると12ヵ月で10個ほど売れていることが分かりますよね。

 

高回転で売れるというわけではありませんが、これならちゃんと出品しても売れるということが分かります(^^)

 

そして相場もなんとなくですが安定していることも分かるので、あとはこの相場と仕入れる商品の価格を考えて仕入れしてください☆

 

 


【 中古のコンディションもチェック 】

 

中古は新品と違ってコンディションによって相場が変わってきます。

 

パッと見ただけでの判断で仕入れしてしまうと失敗してしまう恐れがあります。

 

もしかするとその中古の相場はほぼ新品のものばかりかもしれません!

 

逆に良いというものばかりのデータで判断してしまい、ほぼ新品のものを安くで売ってしまったなんてこともありえるでしょう。

 

そのため中古はコンディションまできっちり確認する必要があります。

 

 

これも操作は簡単で中古のボタンをポチっと押すだけです♪

 

 

この画面に切り替わったら、次に良い以上、非常に良い以上、ほぼ新品以上と切り替えていきます。

切り替えるとその対象の商品が黄色へ変わります。

※ちなみにこの商品は、非常に良い以上と、ほぼ新品以上はありませんでした。

 

ということは、この商品の良い以上の相場は約3,000円となります。

 

そして、色が変わらなかった中古は可として考えるので、可の場合の相場は約2,000円と見て良いでしょう。

 

すると、あなたが今手に持っている中古品がもし可というコンディションであればこの相場を元にして仕入れをしなければなりません。

 

もしコンディションが可なのに、それを3,000円で売ろうとしていたのであれば、それは売れるまで凄い時間を要するか、値段を下げざるを得ないでしょうね。そして思ったような販売ができないと悩んでしまうわけです(^^;

 

 

中古のコンディション確認はとても重要です!

 

 


【 販売とランキングの照らし合わせ 】

 

最後にこの作業を行います。

 

初めのデータでランキングが上下していることから売れているんだろうなと判断することもできますが、それだけだと失敗する可能性があるので販売とランキングの照らし合わせをします。

 

このモノレートのデータも完璧ではないため、時々ですが、商品が売れていないところでランキングが動いていたりします。その理由は私も分からないです。

 

ということは、本当は売れていないのにランキングが動いているから売れてるでしょ!って思っていたら痛い目を見るかもしれないということです(^^;

 

 

その確認方法はモノレートの下の方に最安値一覧というところがあります。

このように最安値のデータが日付ごとに細かく表示されています。

 

 

そしてここで見て欲しいポイントはこちらです!

緑と赤の四角で囲っているところがランキングで、商品が販売されるたびにここが変動しています。

そして右側に新品と中古の出品者数と最安値が載っていますよね、ここを照らし合わせるんです。

 

 

このように新品の出品者が3人から2人に減っています。

このときにちょうどランキングが動いていますね。

そして中古も8人から7人へ減っているときにランキングが動いています。

 

これで初めてこの商品の新品が売れた、中古が売れたということが分かるようになっているので、よしこれなら売れる!仕入れよう!となるわけです(^^)

 

ここまでして私は商品を仕入れるようにしています!

 

 

一手間増えますが

必ず販売とランキングの照らし合わせは行いましょう!

 

 

 

【 まとめ 】

 

いかがでしたでしょうか?

 

モノレートは使い方が重要ということが分かっていただけましたでしょうか?

 

 

私たちはなんでも仕入れる屋ではありません。

 

仕入れた商品は必ず販売して利益を出していかなければなりません。

 

そのためには仕入れる際に自分が本当に納得できるまで調べる必要があります。

 

 

仕入れた商品が売れなかったのは自分のせい。

 

利益が出なかったのも自分のせい。

 

 

事前にきちんと調べていればこんなことにはなりません。

 

そりゃ予測できないことが起きれば別ですが、ある程度のことは想定できるはずです。

 

 

あなたのリサーチ次第でどうにでもなります!

 

しっかりと自分の力でリサーチして販売できる商品をどんどん仕入れちゃいましょう(^^♪

 

 

大吉

 

 

 

ラインの友達追加をしていただいた方には

スカイプ通話でご相談に乗ります♪

なんでもご相談してくださいね☆

 
友だち追加

 

 

 

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

コメント