平凡な人生を送っていた大吉が副業で毎月30万円以上稼げるようになったせどり術を公開します!

仕入れの効率化を図るならAmacode!

ツール

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

 

こんにちは!大吉です!

 

みなさんは普段仕入れをする際にどのようなツールを使用されていますか?

せどりすと、せどろいど、モノゾンなどあると思いますが、

今回は私が店舗せどりで使用しているツールをご紹介します。

 

今回ご紹介するツールは

Amacode (アマコード)」というアプリです。

 

私は今まで仕入れをする際にせどろいどというアプリを使用していました。

これは知り合いから教えてもらって使用していたのですが、

一つ一つ商品のバーコードを手打ちしていたのでとにかく使いにくかったのを覚えています(^^;

というか、自分自身が使い方を知らなかったのが原因だと思うので

せどろいどが悪いわけじゃないと思います(笑)

 

ただ、このAmacodeを教えてもらってから仕入れが非常にスピーディーになりました!

 

この便利なAmacodeの使い方を今回はご紹介いたします。

 

【 アプリをダウンロードしましょう】

 

まずAmacodeというアプリは、

商品のバーコードを読み取り瞬時に現在Amazonで販売されている状態を知ることができます。

 

本・CD・ゲーム・おもちゃ・日用品・家電など

Amazonに存在している全ての商品に対応しているため販売チャンスを逃すことがありません!

 

※ただIKEYAやニトリの商品は独自のバーコードになっているため読み取ることができません。

 

そしてなんといってもこのAmacodeは 完全無料 全機能が使える のが有難いです!

邪魔な広告なども出てこないので見やすさについても素晴らしいです!

 

 

まだ持っていない方はとりあえずダウンロードしましょう!

 

App Store

‎Amacode - セラー専用リサーチツール
‎【アプリ概要】 Amacodeとは、商品のバーコードを読み取り、Amazonの価格や売れ行きなどを瞬時に分析できるAmazonセラー専用ツールです。 本・CD・DVD・ゲーム・家電・おもちゃ・ホビー等、Amazonに存在する全て商品に対応し、普段のリサーチに欠かせないツールになること間違いなしです。 シンプルなが...

 

Google Play

Amacode - せどり転売支援ツール - Google Play のアプリ
【アプリ概要】 Amacodeとは、製品のバーコードを読み取り、Amazonの価格を瞬時に調べる転売支援ツールです。 本・CD・DVD・ゲーム・家電・おもちゃ・ホビー等、Amazonに存在する全ての商品に対応し、普段のリサーチに欠かせないツールになること間違いなしです。 シンプルながら、必要な機能を漏れなく搭載し、かゆ...

 

※こちらはアフィリエイトではありませんので、気軽にダウンロードしてみてください☺

 

【 商品のバーコードを読み取ってみましょう 】

 

それではAmacodeの使い方を見ていきましょう。

 

まずアプリを起動するとこのような画面が立ち上がります。

 

 

 

読み取りをタップするとカメラが起動します。

 

 

 

カメラに切り替わったら試しに身近なもののバーコードを読み取ってみてください。

するとこのように表示されます。

これが現在Amazonでこの商品が販売されている状態です。

商品画像、商品名、現在のカート価格、新品の最安値、中古の最安値、ランキング などが分かります。

 

 

 

そして価格の横には、販売手数料等を引いた「損益分岐点」が表示されます。

損益分岐点なんて言われても分かりづらいかと思いますが、

ようするにこの右側に出ている数字よりも安い金額で商品を仕入れることができれば、

その差額が利益となるということです!

もちろんこの金額よりも高い価格で仕入れしてしまうと利益が出ないということになります。

私は仕入れる際にこの数字だけでなくもっと細かいところまで調べてから仕入れますが、

仕入れをする判断基準の一つにはなりますよね!

 

 

 

ちなみにこちらのインストアコードというのは、

BOOK OFF・TSUTAYA・GEO などの独自バーコードを読み取ることができます。

 

 

 

読み取ったあとはその下のモノレートを押します。

そうするとすぐにこの商品の販売状況が見えますので

この商品がいつどのくらいの価格で売れたのかが瞬時に分かるわけです。

「価格.com」「オークファン」へもワンタップで飛べるのでAmazon以外のネット市場も把握できます。

 

 

 

これでこの商品は○○円なら売れるなーと感じたら、

その後はいくら利益が取れるかを見るため「仕入れ設定」を押して

自分が出品しようとしている価格と仕入れる価格を入れることによって「粗利益」が表示されます。

これが私のよく言う「見込み利益」です。

 

 

もう一つおまけで言うならば

私はこの粗利益から出品価格を割って100をかけます

そうすると出てくるのが「 利益率 です。

例えば上記の写真のように粗利益が172円で、出品価格が880円なら

172円 ÷ 880円 × 100 = 19.5%

つまりこの出品価格でこの仕入れ額なら利益率は19.5%ということです!

 

あっ、これは普通に計算機でやってくださいね(^^;

さすがに利益率まではAmacodeの機能についていません。。

 

【 応用編 】

 

この応用編は私がやっていることですのでご参考までにどうぞ^^

 

Amacodeでバーコードを読み取って、販売して利益が取れると分かった場合、

もちろん商品をカゴに入れるのですが、その際にこの画面でこのような操作をします。

仕入れ設定に価格を入力して保存した後、この画面で左にスワイプさせてます。

 

すると仕入れという表示がでますので、これを押して仕入れに移動するを押します。

 

この仕入れに移動するを押すと自分が仕入れた商品だけのリストが出せるようになるんです。

 

私は1日に何十という商品を仕入れるため、1店舗目を終えたあたりは何となく覚えていますが、

次の店舗、次の店舗とどんどん仕入れをしていると結局今いくら仕入れていて

いくらの見込み利益が取れているんだ?となってしまいます(^^;

 

ですので、お昼休憩中に現在いくらの見込み利益が取れているのかを調べるために、

仕入れに移動させた商品の粗利益を足して途中段階の見込み利益を把握するようにしています。

 

そうすると目標に対して午後からの仕入れはあといくらだとなりますので、

状況把握やモチベーションアップにも繋がります。

もちろんその日が終わった際にも必ず確認するようにしています。

 

この他にも、自宅に帰ってから出品作業をする際に、

この商品を自分がいくらで出品しようとしたか、

いくらで購入したのかなどが瞬時に分かるのもこの機能の素晴らしいところです☆

 

みなさんも1日単位の見込み利益をしっかりと把握するためと

出品作業を効率化するためにこの作業をやってみてください☆

お勧めです♪

 

 

【 番外編 】

私は買い物に出かけた際にもこのアプリを使っているのですが、

目の前の商品がAmazonより安いのか高いのかも瞬時に分かるので、

それによってAmazonで買うかその場で買うか決めています!

プライベートでも大活躍です(^^♪

 

【 まとめ 】

 

今回はAmacodeについてご説明いたしました。

 

私はすべてのツールを使いこなしたわけではありませんが、

Amacodeというアプリは非常に便利でお勧めです。

 

ただ、ここまで説明しておいて最後に言うのは申し訳ないのですが、

androidだとちょっと読み込みが遅かったりとまだまだ改善点があるように感じます(-_-;)

今のところiPhoneでは特に問題がないようです。

 

とりあえず家にあるものでも結構です、身近なものを手に取って

バーコードを読み取ってみてください!

これをし始めると途端にお店に行きたくなりますよ(笑)

 

これはスマホで調べて仕入れる電脳せどりでは味わうことが出来ません。

店舗せどりならではの楽しみですね♪

 

是非みなさんもAmacodeを使って仕入れをスピーディーにして

どんどん稼いでいきましょう(^^♪

 

大吉

 

 

ラインの友達追加をしていただいた方には

スカイプ通話でご相談に乗ります♪

なんでもご相談してくださいね☆

 
友だち追加

 

 

応援クリックをしていただけるとブログを書く励みになります(^^♪


せどりランキング

 

コメント